Global SPX

Global Website

Americas

Asia - Pacific

アフターサービス
 

SPXフローテクノロジージャパンにおけるアフターサービス

(1) サニタリーバルブ・サニタリーポンプメンテナンスサービス

af_valve

写真左(シングルシートバルブ分解・点検)、中央(ダブルシートバルブ分解・点検)、右(ポンプ分解・点検)

弊社にて機器をお預かりし、分解から点検、必要部品の交換作業後、動作確認まで行います。モーターの点検及びオーバーホールも対応可能です。

コントロール弁については操作器気密試験、内部目視点検、清掃なども行います。

その他、現場にて部品の交換作業及び、部品交換指導なども承ります。

(2) 計装計器メンテナンスサービス

af_maintenance

写真左(ロードセル設置状況)、中央(コントロール弁)、右(センサ&圧力計試験)

弊社ではサニタリー圧力計、ゴーリン及びラニエ式ホモジナイザー用圧力計、圧力センサーなど計装計器に必要なオーバーホール(点検、修理、校正)なども行っております。

  • 国家標準を満たしたトレーサビリティ体制での校正作業
    ご要望に応じ、検査成績書、校正証明書、トレーサビリティ証明書発行も発行いたします。
    また、トラブルによる場合の改造・対策提案なども可能ですので、お気軽にご相談願います。

圧力計、圧力センサーは使用状況や、経年劣化に伴い測定値が変化することがございますので、安心してご使用できるように、定期的に校正し管理されることを推奨いたします。

ロードセルコントロール弁温度センサー

(1) ロードセル、加算用ジャンクションボックスの確認
 (1-A)外観・設置状況
 (1-B)風袋荷重分布
 (1-C)絶縁抵抗
 (1-D)入出力抵抗

(2) デジタルインジケーターの確認
 (2-A)ゼロ調整
 (2-B)荷重検定

(3) システムの確認
(3-A)インターフェースの確認

(1) ロードセル、加算用ジャンクションボックスの確認
 (1-A)外観・設置状況
 (1-B)風袋荷重分布
 (1-C)絶縁抵抗
 (1-D)入出力抵抗

(2) デジタルインジケーターの確認
 (2-A)ゼロ調整
 (2-B)荷重検定

(3) システムの確認
(3-A)インターフェースの確認

(1) キャリブレーション
(1-A)仕様確認
(1-B)取り外し前、指示値確認
(1-C)恒温槽においてループデータ採取
(1-D)温度センサー洗浄
(1-E)復旧後、指示値確認

(3) ワーケシャポンプのサービス

af_waukesha

性能低下、コンタミ防止、定期設備等コンサルティングをしながら、最適な提案を行い、最短時間で行うことを心がけ、お客様に満足をいただけるよう努めます。現場作業や返品修理点検、必要部品の交換、動作確認、モータメンテナンスを含め幅広いサービスが可能です。

(4) Lightnin攪拌機のサービス (FGD用攪拌機減速機の例)

af_lightnin1

写真左(Lightninモデル 782QC-60)、中央(ハイスピードギアの取り外し)、右(減速機下部の点検)

af_lightnin2

写真左(低速ギアシャフト/スラスト方向隙間計測)、中央及び右(染色浸透探傷試験による非破壊検査)

SPXスーパバイザーの指導の下、設置拠点ごとにセットアップした経験豊かな協力企業の作業協力により、発電所レベルの作業要求を満たしたアフターサービスを行います。

  • 主な分解点検項目:ギア歯面検査、各キアバックラッシュ及び隙間検査、軸ぶれ検査、回転トルク検査等。

(5) 技術サポート、改造及び更新提案

現在ご使用中でお困りの内容、製品についての問い合わせ、技術的な内容によるご相談、また各種機器の能力変更、仕様変更の他、廃盤機器から現行の最新モデルの機器への変更のご提案などお客様のご要望に応じたご案内をいたします。

その他の部品の在庫状況及び納期、価格についてはお問い合わせよりご連絡ください。